" 当たり前に必要とされていたものを、より大きな全体の中に置いて見せることで、「特別なはからい」であるという批判をあえて喚起させる、という方法は、決して珍しくないだろう。それを「既得権だ」と言えば、いっそう人々の支持は受けやすい。だから、誰かのための支援を「みんなのためのものにするよ」と行政が言い始めたときには、用心深くしなければならない。"